■■――――――――――――――――――――――――――■■■
アントレ・ラボ メールマガジン 
( 第23号 ) 2015年12月7日(月)

本メールマガジンは第1・第3月曜日の配信しております。
■■■―――――――――――――――――――――――――――■■■

< 内容目次 >

1.エッセイ

◆サーカスから学ぶプロ意識

仲津定宏(株式会社アントレ・ラボコーポレーション 代表取締役)

2.定期連載

◆巷のコーディネーター③

広沢 曄夫(応用工学研究所 所長)

 

1.エッセイ

◆サーカスから学ぶプロ意識
仲津定宏(株式会社アントレ・ラボコーポレーション 代表取締役)

 
 昨日は人生初のサーカスを体験しました。正直これまでサーカスに対して古臭いイメージを持っておりましたが、実際にはそのパフォーマンスに魅了されてしまいました。それはパフォーマンスする方々のセルフプロデュース、つまり演出力と、そのプロ意識に感動したからです。 

 演出力は会場をあたためるために、会場の観客を舞台にあげたり、また絶妙なタイミングで技を繰り出す。特にここぞという場面では、観客の拍手や注目をさせるための「間」を上手に活用してあえて「間」を作る。そして観客の注目や拍手が最高潮に達した時点でその技を繰り出すことで観客の感動が倍になるような演出を各出演者が行うことで盛り上がり続けるプログラムができていることを感じました。

 プロ意識は、こちらから見ていると時折、簡単そうに見える技があるのですが、サーカスの関係者の話によると、とても難しいことをいかに簡単に見せるのか。その事自体をよく理解していないと、相手のレベルに応じて、それを簡単に噛み砕くことができない。それを相手のレベルに合わせて、いかにわかりやすく伝えることができるのか。その力こそが、プロだと思います。

 そして何よりも各出演者はたった数分の出演時間の中で失敗が許されない状況の中で、毎回観客を惹きつける演技をすることに感動しました。こちらから見ると数分の出演といいながら、そのために何時間も、また何日も同じ練習を繰り返す。どんなに練習しても、そこで失敗すればアウトという厳しい状況の中で、観客を魅了する演技をするには日々の練習の積み重ねしかないのだと思います。

 その無言の覚悟というか、気持ちがパフォーマンスから無言で伝わってくる。その雰囲気・緊張感がなんとも言えず、見ている側の感動を生むのだと思いました。

 それはビジネスマンにも通ずるところで、例えばプレゼンや大切な商談の場面でいかに日頃の考えていることを伝えられるのか。発揮できるのかが重要であり、サーカスを通して学ぶことができました。

2.定期連載

巷のコーディネーター③

広沢 曄夫(応用工学研究所 所長)

前回の内容
http://burl.co/5A9C895

情報の進展でインターネットを介した情報のやり取りが注目されている。こうした情報インフラを使い、自分に都合のいい情報ばかりを流しているようなところから真のコミュニケーションは生まれない。このような場合はマスクドシードの発掘には殆ど無力である。

中小・零細企業の経営者は本当に相談に乗ってくれる相手かどうかを嗅覚でかぎ分けてやってくる。そして仲間が仲間を連れてくる。経営コンサルタントや研究所など立派な看板を掲げたところに中小・零細企業は足を運ばないものだ。

中小・零細企業が持ち込んでくる相談の内容は千差万別である。生活相談的なものも多い。子供の家庭教師のこと、お年寄りの福祉機器の買い方、嫁との問題、跡取りや相続税の相談、借金の保障人のこと、これは本来の相談ではないと考えるのはこちら側の都合であって、相談する側にとってみれば真剣な問題なのだ。優れたテクノシードはこれらの問題を取り除かなくては見えてこない。仕事の相談は生活相談の中に隠れており、生活相談は聞き役となり、しかるべき人脈を紹介することで通過することが出来る。

そうした相談にはその場で答えなくては駄目なのだ。

後で連絡するといった先送りでは話の本筋には入れない。紹介の即時性がカギになる。従って本当に聞きたいことを打ち明けるのは話始めてからかなり経ってからのことになる。   

3.セミナーイベント案内

◆今後の勉強会のご案内

1)12月16日(水)19:00~21:30 第10回習慣化のための黄金ルールセミナー

・詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2015/12/16/10

2)1月15日(金)19:00~21:00プロ・ラボ&Office Breath合同新年会

・詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2016/1/15/office-breath

3)1月26日(火)19:00~21:00 「職場を変える!かたづけの力」セミナー

・詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2015/12/3


4. 次回予告
次回第24号は12月21日月曜日に発行予定です。


5. 編集後記

 今日は久しぶりの出張。岐阜からこの記事を書いています。前々職では週に2日、多いときは週に4日は出張で全国を飛び回っていました。出張に来ると、現地で新しい発見があります。今回はぶりのしゃぶしゃぶなべなど関東では食べたことのない鍋料理を食べることが出来ました。来年は出張も増えるといいなあ(心の声?)

仲津 定宏



メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック