■■――――――――――――――――――――――――――■■■
アントレ・ラボ メールマガジン 
( 第21号 ) 2015年11月2日(月)

本メールマガジンは第1・第3月曜日の配信しております。
■■■―――――――――――――――――――――――――――■■■

< 内容目次 >

1.エッセイ

◆伝え方のTPO

仲津定宏(株式会社アントレ・ラボコーポレーション 代表取締役)

2.定期連載

◆巷のコーディネーター①

広沢 曄夫(応用工学研究所 所長)

 

◆伝え方のTPO

仲津定宏(株式会社アントレ・ラボコーポレーション 代表取締役)

最近思うことですが、伝え方のTPOというか、その場面に応じて伝え方を効果的に変えていかなくていけないことを痛感しています。ただそこはなかなか器用にそこを変えきれていないというのも現実です。

人によって得意・不得意のようなものがあるように思います。例えば、自分の場合は比較的文字や文書で伝えることに抵抗はなかったり、1対1や1対少人数においては伝えることが得意のように実感するのですが、それがある一定人数を超えて、大人数の前で挨拶や話をするような1対Nという人数のケースになると、とたんに早口になってしまったり、うまく相手の心に刺さるようなプレゼン・説明ができていないように感じています。

 人前で話をする際にとても上手な講師の方々にお話をお聞きすると、そのような方でも最初は人前で話をするのは得意ではなかったという話をよくお聞きします。今ではそのような頃があったのか信じられないぐらい人前でプレゼンするのが上手になったのはなぜか。

 1つは場数を踏みながら人前で話をする上で大切なポイントを体感してきた。あるレベルに達するうえでの早さは人によって違いますが、やはり専門家から学んだ方のほうが成長スピードは確実で早いようです。もう1つは周りにフィードバックしてくれる仲間を見つけることにあるように思います。

 この2つがうまくかみ合いながら経験を重ね、改善を続けた先にどんな状況、環境、もっといえば相手でも、その心に届く伝え方ができるヒントがあると思います。もちろん、そのためには伝えたいという内容が明確で、そして何よりも伝えたいという思いも重要であることは言うまでもありませんが。

この伝え方について百戦練磨のプレゼンスナイパーこと、上口まみさんと、伝えるべき内容を的確に資料に落とし込む長谷川なみさんによるコラボセミナーを11月25日(水)18:00より開催します。

私のエッセイをみて、何か自分の伝え方に変えたいと思った方にはおススメのセミナーです。ご興味のある方はまず下記の詳細情報をご覧頂けますと幸いです。

http://www.entrelabo.co.jp/news/2015/11/25/-

2.定期連載

巷のコーディネーター①

広沢 曄夫(応用工学研究所 所長)

高度経済成長時代までの産業界では重厚長大、装置産業がメジャーな存在で、多額な資金を投じて立派な装置を築き、大量に安価な生産をしていた。中小・零細企業は下請け孫請けとしてその枠の中で仕事を与えられ、与えられた条件の下でモノを作ってきた。然し時代は変わり、今はそのようなメカニズムでは動かなくなってきた。既存の枠は上から壊すのは難しい。利権と地位に固執するメジャーが激しく抵抗する。従って下が動くしかないが、上に通用するだけの力も無い。下にはよいものが沢山あるということも実際に見てきたが、それが活かされる方法が見つからない。これは上だけの問題ではなく、下の中小・零細企業に本来の力を発揮させるべく動機付けをすることも必要であるが、下が自分たちの信念と行動が全ての基本になることを自覚しなければならない。本来中小・零細企業のよいところは行動力、挑戦意欲に富んでいるところである。大企業は組織の壁があって軌道修正に時間がかかるが、中小・零細企業は機をみるに敏で、時代の変化を読み取って素早く行動できるものをもっている。

 行政や大企業などメジャー体制側は理屈が勝った客観性の世界であるが、中小・零細企業は経営者、技術者の個性に基づく主観の世界である。良くも悪くも中小企業・零細企業の経営者はアクが強くクセがある。中小・零細企業とコミュニケーションをとるには、ここを十分に理解することが重要である。中小・零細企業の経営者と話をするときは、相手と心理的に話が出来るかどうかで対応を決めることにしている。心の共振現象が起こらない場合は話を進展するための共通項は見出せないし、従ってその企業の役に立つことも出来ない。コミュニケーションとは共通項の発見とその活用をすることである。

3.セミナーイベント案内

◆今後の勉強会のご案内

1)11月25日(水)18:00~21:00顧問契約安定獲得ための「三種の神器」構築セミナー

・詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2015/11/25/-

2)11月27日(金)13:00~17:00 いいコミュニティといい会社作り体験ゲーム

・詳細情報: http://www.entrelabo.co.jp/news/2015/11/27

3) 12月16日(水)19:00~21:30 第10回習慣化のための黄金ルールセミナー

・詳細情報:http://www.entrelabo.co.jp/news/2015/12/16/10


4. 次回予告
次回第22号は11月16日月曜日に発行予定です。


5. 編集後記

 朝晩と気温も低くなり、すっかり季節は冬ですね。これからクリスマスにお正月と、本当に1年が経つのは早いと年末に近づくにつれ毎年感じているように思います。今年は家族が一人増えて、これまでと違うクリスマス・お正月になるのを楽しみにしています。

仲津 定宏



メールが正しく表示されない場合は こちらWebページ版をクリック